正確な数値を出す

葉のアップ

工場では様々な機器が稼働しており、その中には計量目的の機器も該当します。計量目的で扱われる機器の主なものとして、ロードセルと呼ばれるタイプが挙げられます。 ロードセルとは重さを数値化する測定装置を指しており、物体の実際の負荷を電気信号に置き換え、デジタル表示させるという構造です。具体的に現在の主流となっている仕組みでは、測定部分を構成する合金に荷重がかかると部分的に伸縮する特徴を使っています。 まず一方に乗せた荷物による合金の変形具合を測定します。次に電気回路の一部となっている、合金に取り付けられた装置がその変形によって、電気回路の抵抗に変化を受けた程度を割り出します。そして割り出された抵抗変化から電気回路の電圧変化を算出すると、事前に判明しているロードセルにおける電圧変化の程度と重量との関係から、実際の重量が算出可能という基本的仕組みとされています。 こうしたロードセルは、計量を扱う工場で主流として扱われており、専門の機器メーカーから提供されています。

現在主流となっている、測定部分の弾性や変形具合を使って測定するタイプは、一般的にひずみゲージ式と呼ばれています。 その他にもロードセルには、重さによる影響を電気信号に変換できる理論を使っているいくつかの種類が挙げられます。具体的には測定部分にある液体または気体の圧力に対して、重さによる圧力変化がどの程度起きたかによって算出する圧力型が挙げられます。あるいは、天秤の様になっている装置の一方に荷物を乗せ、他方に電磁力を加え、つり合ったときの電磁力の数値から重さを算出する電磁式なども挙げられます。 この他にも分類としては、見た目の形状による違いや、測定部分の数による違いがあるとされています。こうしたロードセルごとの特徴から、用途に合ったタイプを選択する事が必要となっています。