価格を確認

マイクロスコープの正面

リレーとは、電磁継続器のことで、電気信号によって機械的な動きに変えることと開閉するスイッチの役割を持ちます。電磁石の力によって接点が動いて機能を発揮しますのでその応答性が性能のポイントになり、小型化と軽量化が設計のバリエーションを豊富にしてくれます。 リレーの価格は対応する機能や能力によって数百円から数千円になります。リレーの価格で高額なものは特注で数万円になります。リレーのユーザーは、制御設計や半導体設計をはじめ、その製品を扱う企業にニーズがあり部品として購入する傾向があります。個人で電子機器設計をする人にもファンが多いです。 ニーズはいかにリレーの価格を抑えて製品の単価を下げることにあり、汎用価格を採用する傾向がほとんどです。

リレーというのは、動作スイッチ、電力機器に応じて、制御をしてくれるものです。このリレーという機械はそこまで複雑ではないのです。小さな電力の反応で大きな電力用のスイッチをオンオフすることができるのです。 製造業には必須の制御システムになっています。リレーの価格というものは、今はどんどん下がっています。技術的にはいくつもの組み合わせになりますから、価格はそこまで高くならないのです。そうはいっても元々高いのが電子機器ですから、安いといっても何百万円、というレベルの話です。 リレーという精密機械は技術的には難しいわけではないのです。しかし、やはり精密機械ですから、元々の価格は高いのです。ですから、価格についてよく比較したほうがよいです。