重要な機材

グラフを見せる男性

顕微鏡には実態顕微鏡と光学顕微鏡がありますが、マイクロスコープとは一般的には光学顕微鏡のことをいいます。実態顕微鏡とマイクロスコープとは観察可能倍率が大きく違っており、観察物によって使い分けられます。 マイクロスコープとは数十倍〜数百倍の倍率が可能なため、細胞など生体を調べたり金属など成分の検査を行うなど効果や効率を上げるために必要不可欠なものです。値段は数万円のものから数十万円までの差があり、ハイビジョンなど高画質やスピードを強化したもの、一眼レフカメラをセットしたものなど機能によって大きく変わります。 マイクロスコープとは実物を直接目で確認できないものを見ることを可能にしており、それぞれの分野で多大な貢献をしています。

企業は利益を増やすために費用対効果を上げようとしますが、ホワイトカラーの効率化は長年の課題でした。その分野で注目されている手法がビジネスマイクロスコープです。 マイクロスコープとは顕微鏡のことですが、ビジネスマイクロスコープとはホワイトカラーの生産性を測る手法です。従業員に各種のセンサー等を取り付け、誰と誰がどのぐらいコミュニケーションをとったのか、どのように行動したのかのデータを取るのです。そういった意味で、ビジネスマイクロスコープとは人の行動の詳細を見る顕微鏡といえます。 また、ビジネスマイクロスコープとは、データを取る仕組みだけでなくそのデータをマッピングし分析するところまで含みます。この手法が導入される以前は、従業員へのヒアリングやアンケートでしかデータが取れませんでしたが主観的になりがちでした。マイクロスコープの手法は客観的で分析可能なデータが取れる点が非常に優れています。