種類を知ろう

グレーのマイクロスコープ

クレーンフックとは、工事現場の玉かけ作業に使うクレーンに付属している道具です。フックは、掛けたりはずしたりが自由にできるので工事現場では重宝されています。 基本的なフックの形は二つあります。アイフック型は、ワイヤーロープやシャックルの連結に相性がいいです。こちらがスタンダードな形です。シャンクフット型は、自由に回転ができるスイベル式のフックやクレーンのフックがあります。クレーンフックのフックなどは使用することによって、工事の効率が上がります。重すぎて人の手では持ち上げられないものが、簡単に持ち上げることが出来ます。玉かけでは、フックがあることでクレーンで持ち上げることが出来ます。このように機会を用いて様々な工夫がされています。

クレーンフックの現在の取り組みは、フックについている「外れ止め装置」があります。それは、玉かけの際にワイヤーロープがフックから外されにくくする装置です。この装置は労働安全衛生法で、使用しなくてはいけないと定められています。 他にもクレーンフックにロープをかけるだけで、その重さを計測できるものがあります。デジタルなので正確に表示されています。また、LED使用のため見やすい表示になっています。衝撃に強いので工事現場で修理の心配はありません。リモコンでの操作も可能ですので、安全の場所から操作できます。 本体の傾きや、揺れを抑える機能のフックもあります。こちらは自宅でも使用できるほど軽量でコンパクトに設計されました。